スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

リーガル・ハイ(9)




視聴率は 12.8%・・・前回(14.5)より


恩讐の村人よ…美しき故郷を取り戻せ!!

 



東京地方裁判所では
古美門と真知子が女性霊媒師の弁護をしていた。
いつもの弁舌で浜村の訴えを退け
霊媒師に勝利をもたらした古美門に
老人達は俺たちの村をお助け下さいと懇願する。
依頼された古美門は
受ける事が出来ない理由があり一度は断るが。。





いや~~
暫し絶句してやした。。泣いた、泣いたよ
堺様の長台詞に深く感動
いえ、あれだけの量を覚えるのも
確かに大変!だけど
中味とそれを伝える言葉の力
堺さんの熱演が素晴らし過ぎる

で、その前
霊媒師にバシバシっと叩かれる真知子が
その後 フケだらけ(違っ)
塩だらけになったり
老人達から
いろんな弁護士先生から古美門先生と
黛先生を推薦されたで
真知子の満更でもないさまに笑ったり
(オープニングの真知子が引っくり返って足だけにも)

匿名で送られて来た封書の中味に
真知子から説明を求められた
古美門

あ~いいとも

それに
真知子が泥の中でこけた時の
マチャアキ発言(同じ堺だもんね、、w)
可笑しかったヾ(>▽<)oきゃはははっ!


お笑いはそこまで!





今回は公害裁判

現在は南モンブラン市
5年前は絹美村という村落からやって来た
春夫達老人は
仙羽化学の化学工場ができてから
ここ1~2年の間に
病気になる者や突然死する者が出て
不安を抱えていたが
地元の弁護士では頼りにならない。

そこで
東京さ行って
一番の弁護士を探したらしいが
どこも天下の大企業相手では断られ
古美門と真知子を推薦されたらしい。


4つの理由
1 イノシシより人口が多い田舎には行かない
2 弁護士費用が高い
3 勝てない
4 惨めな老人は吐き気がするほど大っ嫌い

はもとより
実は古美門
三木事務所にいたころ
第四工場建設問題に裏で関わっていたそうな。
それは
確かに引き受けたくないよ。


それよりも
受けない理由には老人達自身にあったんだよね。

沢地こと
アンジェリーナのハニトラには
半ば喜んでいたけど
乗せられたんじゃなくて
乗ったんだよねー。
(やっぱ アンジェリーナは三木側でしょ
三木の写真たてに写ってる相手は
三木の息子?)

井手は使えないねー。
応援してないけどさ
何故に慎重に動かないわけ?
なんて思ったけど
三木側にすれば
井手の失態も読んだ上でさせたみたい。
老人の一人が
和解を口にした事も
三木にとってはお見通しって事かな?
(三木に学んだのは古美門でやり口も読めるだろうし
その逆も当然)


彼らには戦争とズワイガニ食べ放題付き
バスツアーとの区別が全くついていない

どっちも単なるお祭り騒ぎ
だから和解もあっさり口にする


この国のなれ合いという文化の根深さだ。

なあなあで済ませる体質

この案件には
古美門の台詞には
見ないふりをしてきた現実
今の日本が詰まってる
(国民の命、安全よりも経済を優先した原発再稼働問題)

仙羽化学側の皆さんは家族
(この台詞 よく誰かが言ってたのを思い出し
鳥肌が立ちそうだった。。)

企業と老人が。。。
なわけないでしょ


皆さんは 国に見捨てられた 民。棄民なんです。
国の発展のためには年金を
むさぼるだけの老人なんて無価値ですから
ちり取りで集めて端っこに寄せて
ようかんを食わせて黙らせているんです。
大企業に寄生する 心優しいダニ。それが 皆さんだ!

かつて この地は一面に桑畑が広がっていたそうですよ。
どの家でも蚕を飼っていたからだ。
それは それは美しい絹を紡いだそうです。
それをたたえて人々はいつしか
この地を「絹美」と呼ぶようになりました。
養蚕業が衰退してからは稲作に転じました。
日本酒に適した素晴らしい米を作ったそうですが
政府の農地改革によってそれも 衰退した。
その後は
これといった産業もなく過疎化の一途をたどりました。
市町村合併を繰り返し補助金でしのぎました。
5年前に 化学工場がやって来ましたね。
反対運動をしてみたらお小遣いが もらえた。
多くは 農業すら放棄した。
ふれあいセンターなどという
中身のない立派な箱物も建ててもらえた。
使いもしない光ファイバーも引いてもらえた。
ありがたいですね。

「絹美」という古臭い名前を捨てたら
南モンブラン市というファッショナブルな名前になりました。
何てナウでヤングでトレンディーなんでしょう!
そして今 土を汚され水を汚され
病に冒されこの土地にも
もはや住めない可能性だってあるけれどでも
商品券もくれたし誠意も絆も感じられた。
ありがたいことです!本当に よかった よかった!
これで 土地も 水も蘇るんでしょう!
病気も治るんでしょう!
工場は汚染物質を垂れ流し続けるけれど
きっと もう問題は起こらないんでしょう!
だって 絆があるから!

老人達の言い訳に


だからいたわってほしいんですか?
だから 慰めてほしいんですか?
だから 優しくされたら すぐにうれしくなってしまうんですか?
先人たちに申し訳ないとは子々孫々に
恥ずかしいと思わないんですか?
何が 南モンブランだ。
絹美村は 本物のモンブランよりはるかに美しいと
どうして思わないんですか!
誰にも 責任を取らせず見たくないものを見ず
みんな仲良しで暮らしていけば楽でしょう。
しかし
もし誇りある生き方を取り戻したいのなら
見たくない現実を見なければならない。
深い傷を負う覚悟で前に進まなければならない。

戦うということはそういうことだ!
愚痴なら 墓場で言えばいい!
金が全てではない?金なんですよ。
あなた方が 相手に一矢報い意気地を見せつける方法は。
奪われたものと踏みにじられた尊厳に
ふさわしい対価を勝ち取ることだけなんだ!
それ以外に ないんだ!

敗戦のどん底からこの国の最繁栄期を
築き上げたあなた方ならその魂をきっとどこかに残してる!

ドラマ史上に残るリーガル・ハイでの古美門の長台詞!

全てではないけど
抜粋させていただきました!
(シャブリさん ありがとうございます)

古美門の鬼気さえ迫る台詞には暫し絶句。
そして涙、涙。。

堺さん ブラボーーーー
お見事です!!
(PC前じゃなくて舞台劇だったら
スタンディングオベーションもんよ)

そして
たねの遺言を聞いた
老人達が

えんやこらどっこいせ
どっこいこらこらよーいよい

胸が熱くなったよ。

古美門曰く
三木とは
わが人生最悪の戦いだと

過去に三木と何があったのか?

なんというか
三木の弁護士としての力量って
どうなの?なとこはあるんだけど。

にしても
人には誰しも過去が、、
この服部がお聞きしますに

古美門の
足 踏んでます

笑った(ノ∇≦*)キャハッッッ♪

服部さんはその為(足じゃないよ、、w)に
父上が寄越したわけか。。
服部さんの過去も気になるな~。

泣いて、考えさせられて、笑った
闘う事を忘れてしまった
全ての人達に贈る弁護士ドラマ史上最も笑える
リーガルコメディ
判決は名作でしょう(笑)


残り2話?
最後まで見逃せません!

そして
リーガル・ハイ・2放送を求むツイ
今まで賛同するつぶやきには同じくという言葉を使ったが
昨夜は一つの迷いも無くノRTを送った。
繋がるツイに静かに感動





脚本・古沢良太
演出・石川淳一、城宝秀則
主題歌・PESfromRIPSLYME「女神のKISS」
オープニングテーマ・・・小野恵令奈「えれぴょん」

古美門研介・・・堺雅人
黛真知子・・・新垣結衣
三木長一郎・・・生瀬勝久
沢地君江・・・小池栄子
加賀蘭丸・・・田口淳之介
井出孝雄・・・矢野聖人
服部・・・里見浩太朗

たね・・・左時枝
女性霊媒師・・・千葉雅子
錦野 春夫・・・二瓶鮫一
郷田 譲二・・・丹古母鬼馬二


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://atom1204.blog53.fc2.com/tb.php/2756-b2bfe005
 「少しは、マシな目になられましたね」 古美門(堺雅人)の弁護士魂爆発で村人たちも本来の姿を取り戻したようです。 でも、ここからが本当の闘いの始まり。 三木は、憎しみと ...
2012/ 06/ 13( 水) 16: 21: 10| トリ猫家族
「リーガル・ハイ」第9話 恩讐の村人よ…美しき故郷を取り戻せ!! 今回から、熱血弁護士物語です。 −◆− 女性霊媒師(千葉雅子)をめぐるドタバタ訴訟劇。 黛(新垣結衣)...
2012/ 06/ 13( 水) 17: 35: 42| 世事熟視〜コソダチP
足・・・(´艸`o)゚.+:クスクス 今回は1時間では収まらないような大変な案件のせいか(おいっ!)、 いつになくシリアスな雰囲気で幕を閉じるのかと思いきや・・・ 古美門と服部さんの
2012/ 06/ 14( 木) 12: 00: 50| あるがまま・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。