スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

推定有罪(4)




連続ドラマW



 



桂木から取り引きを持ちかけられた加山。
待ち合わせ場所に行くが
桂木が何者かに狙われ事故に遭う。
警察庁主催の犯罪被害者を
支援するためのシンポジウムの日が
近づいていた。
石原は栗林との交換条件で
篠塚と娘の対面を果たそうとするが。。
また
浅田は桂木に接触を試みようとするが
上層部の邪魔が入り
加山に協力を求める。


事件の犯人は

吉田の息子!

政府関係者だろうとは思ったけど
現官房長官の子とは呆れる。。
吉田は息子の償いの為
国家賠償?
冗談じゃないよねー
篠塚が真相を知ったら
すごい激怒するだろうけど
篠塚も何か、、
事件について知ってる部分があったのかな?

当時の篠塚の自白は
あんな言われ方をされたらねー。。
(味方もいないし)

けど
篠塚の家族、美保にとっては
認めて欲しくなかった事

取調べをした浅田は
当時 上司に命令されたわけではないから
篠塚の為を思っての発言?
微妙に強要にも取れるけど、、

それだけに
真犯人を見つけてこそ
篠塚への詫びにもなる。
そんな感じ?

加山は篠塚にしろ
弘子・父にも非難され
挙句
鳴瀬の死で家族にも責められて
書く事に迷いが生じるけど
鳴瀬の手紙で
真実を伝え続ける信念
通す事を決めるけど
こういう仕事って大変だよね。。
(しかし 中村さんは微妙な存在だったような)


で、弘子・父は支援する会で
篠塚や加山に怒りをぶつけた事で
被害者の会に参加する気持ちになったのかな、、?

そして
石原自身もまた
昔 父親を殺されて苦汁を飲まされただけに
弁護士になった。
犯罪被害者を救済する法律は不十分だ
篠塚の件を利用してでも
法整備をする機会だから
(今までワタシ的には石原の腹の内が?だったけど
そういう事だったんだね)

でも、石原は篠塚と美保の対面を強引に
出来なかったんだよね。
篠塚の娘を思う気持ちを傷つけたくなかったから。

そして
あの日 桂木は殺害現場に
たまたま居合わせて
犯人を知って以来
狙われた為逃げていた。

桂木から全てを聞いた加山は
吉田に会うが
息子は死んだと言われて。

いよいよ最終回だ!





原作・・・前川洋一
脚本・・・前川洋一
監督・・・鈴木浩介
エンディング曲・・・プロコル・ハルム「青い影」

加山清治・・・仲村トオル
石原揺子・・・黒木瞳
浅田邦生・・・陣内孝則

鈴木弘子・・・ミムラ
鈴木則之・・・光石研
鳴瀬実・・・中村俊介
長田美保・・・本仮屋ユイカ
坂井浩明・・・松尾スズキ
加山の妻・・・霧島れいか
栗林伸行・・・相島一之
前畑吾郎・・・袴田吉彦
森本・・・中丸新将
男(桂木尚人)・・・寺島進
高見沢浩一・・・神尾祐

浦井茂・・・柴俊夫
太田佳苗・・・草笛光子
吉田栄之助・・・竜雷太
篠塚良雄・・・國村隼


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://atom1204.blog53.fc2.com/tb.php/2717-221cfe6b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。