スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

運命の人(6)




視聴率は 9.9・・・前回(10.8)より


"女"の復讐
 



この席を借りて
まず 取材元を秘匿出来なかった事について
三木昭子さんにお詫び申し上げたいと思います。

本件起訴は
私が三木さんに沖縄密約に関する機密を
漏らすよう唆したとして
処罰しようというものでありますが
政府の密約を伝える為に行った
新聞記者の取材活動を罪に問う点で
到底納得出来ません。

本来裁かれるべきは
国民を欺いた佐橋政権です


一方の三木昭子は
具合が悪そうで
証言台前に座る事を許可され
震えながらメモを読み上げた


起訴状に記載の、、事実は
その通り、、間違いありません
ご迷惑を、、、お掛けした人に
申し訳ないと、、思っております
本分では裁判が早く終わるように
世間が私を、、
忘れ去ってくれる事を、、望みます。





外務省機密漏洩事件の初公判が始まった

闘う相手は国家権力だけではなかった。

政府の密約
即ち
弓成側の主張より
男女関係こそが
事件の本質であると印象付けられた。


上々の出来ですよ~
あなたには芝居の才能がある

三木の弁護士・坂元は
世間の三木への同情意見に満足気だった。

弓成側の弁護士
大野木の方は由里子に労いの言葉を掛けた


週刊誌の記者・鳥井がネチネチ旦那に取材し

昭子は死んで詫びたい
弓成との生々しい様子、等々が記事になり

実家から亮太への非難

そして第二回公判

子供は同級生からハレンチ記者と言われ喧嘩

過酷な状況下の中
山部の差し入れや励ましもあって
由里子は弓成を必死に支え頑張っていたが

弓成は
実家に帰ります

(^^;いや こんな言い方ではないけど

弓成の両親は
記者である息子を誇らしく思い

元々
仕送りにしろ
妻子を残し自分だけ逃げた?な点といい
男女関係の件についても咎めずで
記者というより
人としてはどうなの?(^^;

流石の由里子もそんな夫に
愛想をつかし離婚を決めかけたようだけど
今回は取りあえず思い止まった的で

長谷川さん(笑)は明日にはアメリカって
あっち(聖なる怪物くん)も
忙しいのでしょうね。

にしても
昭子は松中に
電話番号を教え
事実を公表?と思いきや
予告だと只ならぬ関係っぽかったけど
そーいう事?(笑)
(弓成の時と同じような)

で、次回はハレンチ裁判の行方?(^^;

由里子VS昭子にも注目

こっちが本質か(^^;ゞ
(裁判の結果は皆さん知ってるだけに)





原作・山崎豊子「運命の人」
脚本・橋本裕志
音楽・佐藤直紀

主な登場人物
弓成亮太・・・本木雅弘
弓成由里子・・・松たか子
三木昭子・・・真木よう子

三木琢也・・・原田泰造
山部一雄・・・大森南朋
鯉沼玲・・・長谷川博己
司修一・・・松重豊
清原了・・・北村有紀哉
金田満・・・遠藤雄弥
荻野孝和・・・梶原善
坂元・・・吹越満
坂元千恵子・・・黒沢あすか
鳥井・・・斎藤歩
松中・・・眞島秀和

大野木・・・柳葉敏郎
佐橋慶作・・・北大路欣也




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://atom1204.blog53.fc2.com/tb.php/2542-fb25317d
TBS系列で放送された「運命の人」第6話の感想など。公式サイトからあらすじを引用します。弓成(本木雅弘)と昭子(真木よう子)の裁判が開始、愛情が憎しみへと転化した昭子の復讐が始まった。あらゆる“真実”を暴露し、世論を見方につけていく昭子。それに対し弓成側?...
2012/ 02/ 20( 月) 23: 55: 38| オタクと呼ばないで
昭子、恐ろしい子…Σ(O_O;)白目… 昭子ってば、ほんま魔性の女だわー!今度は週刊「潮流」記者の松中雄也@眞島秀和を誘惑? てか弓成との事は本当に好きだったのかしらん? 今の暮らしから別の場所に連れ出してくれる事を期待したものの、それが叶わなかったせいで 余?...
2012/ 02/ 21( 火) 16: 11: 28| あるがまま・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。