スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

贖罪(1)




連続ドラマW

 
WOWOW


「フランス人形」

とある田舎町の学校に
転校して来た
足立製作所の所長の娘・エミリ。
4人の少女達とすぐに仲良しになり
そんな頃
フランス人形盗難事件が発生し
紗英の人形も無くなったばかりだった。

ある日
校庭で遊んでいた5人は
見知らぬ男から換気扇の修理を
手伝って欲しいと言われ
君 お願いと
指で指されたエミリが行くことになる。

エミリが戻って来ない事に心配した4人は
体育館に行くが
エミリは俯せで死んでいた。
由佳は警察
晶子はエミリの家
紗英はエミリを見てる
指示をした真紀は先生を呼んで来るで
残った紗英は
体育館内にある殺害されたエミリの死体の上を
射す陽と影の揺らめきに
怖くて泣いていた。

犯人は捕まらず
4人共 男の顔は覚えていない。
事件の後
校内放送では児童は友達と帰るように
知らない人にはついて行かないよう
注意がされ
子供達が集団下校をすると
途中 エミリの母・麻子が立っていた。

そして
麻子は4人を家に招き告げる

もうたくさん
バカの一つ覚えみたいに顔は覚えていない
顔は覚えていないの繰り返し
あんた達がバカだから
半年も経つのに犯人が捕まらないのよ

私はあんた達の事を絶対に許さない
なんとしても犯人を見つけなさい
でなけゃ
私が納得するような償いをしなさい
それが完了するまで
私は一分一秒もあんた達一人一人の事を
忘れません

あんた達もこの償いから逃げ出す事は
絶対に出来ない
そう覚悟してちょうだい


男が人形を振り回した為
人形は無残にも壊れ
そんな夢に叫んで飛び起きる紗英

あれから15年が経過した。
しかし
紗英は極度に男性に対する警戒心を抱き
恋人所か関心も無かったが
勤め先のサロンの社長から
大槻産業の御曹司
孝博とのお見合いを薦められ
本人に会って断るつもりが

外の世界から守るという孝博の言葉に
紗英は結婚を決意
式場に麻子が現れた。


私が納得するような償いをしなさい


いやはや~
灰色のような暗い映像は
鉛色の空のような
この先 何が起きるんだか?
ちょい緊張し

原作を全く知らないので
紗英がどうなるか?どうするか?
目が離せなかった

で、紗英が孝博に
事件の事を覚えているか?に
孝博の曖昧な様子は
エミリ事件に関係してると思われ
怪しさ満タンでしたね~。
(ただ 制作側がワザと見せてる気も)

孝博が人形を盗んだといい
生身の人間ではなく
生きた人形好きはキモく
紗英に家(マンションかな?)と近くのスーパー以外
外出は許さず
携帯電話も管理し
夜は人形として紗英にドレスを着せ
自分が眠りにつくまで立たせてるわけで

昼間はゲームをして笑ったりで
普通なんだけど
それ以外 普通じゃないもんねー。
(ワタシなら一日もモタン)

でも
ある夜
紗英が寝ている孝博の背中に
顔を寄せしがみついてる的な事があったり
昼間だけでも穏やかな暮らしだからか?
紗英に生理が来るわけだけど、、

昼間もそれなりに規制があって
夜は人形である事は
あのエミリ事件と比較すれば
ダメージは少ないのか?
(孝博の変態っぷりも心理的には
ダメージありと思うけど)

ともかく
紗英が孝博を理解出来ないと
言いつつも受け入れ我慢した
それは幸せな結婚生活ではないだけに
紗英なりの贖罪だったのですね。

で更に
紗英は孝博を殺害してしまい
この先 紗英の未来は厳しくなる
麻子はそれを望んでいたのか?


紗英に生理が来なかったのは
エミリ事件をキッカケに
男性への恐怖心が尋常で無かったからと思う。
あの時 
殺されるのは自分だったかもしれない
今度は自分を殺しに来るかもしれない

麻子にすれば
確かに犯人の手がかりは少女達に掛かってる
とはいえ
大人が経験しても惨い事件
紗英達が男の顔を覚えてないのも無理ない気が。

にも関わらず
麻子が発した言葉が
これほどまでに縛られ
償おうとした紗英(と他の3人も?)に

麻子は少しの迷い、後悔、傷みは生じないのか?
または
娘が負ってる傷(償い)を母(達)が知ったら
黙って見てるだろうか?
その辺り
今後あるのかな?

蒼井優ちゃんは普段の時
夜の人形
生理が来て(女になって)孝博に出て行けと言われた時
表情が違って見事でした♪

森山君は変わり者似合ってます(^^;

小泉さんは、、最近もテレビで観たけど
老けちゃって(年齢が上の古手川さんの方が綺麗)
が、その老け(こらー)が
陰湿なオーラを出していたかと(^^;

それと
取りあえず
犯人は高野幸司か安藤に絞る(笑)

次回も楽しみデス


原作・・・湊かなえ
脚本・監督・・・黒沢清

足立麻子・・・小泉今日子
足立敏郎・・・田中哲司
足立エミリ・・・木村葉月

菊池紗英・・・蒼井優
菊池紗英(子供時代)・・・小俣絵里佳
紗英の母・・・久世星佳

大槻孝博・・・森山未來

香織・・・松本まりか
社長・・・高田聖子

篠原真紀(子供時代)・・・木村真那月
高野晶子(子供時代)・・・菊池和澄
小川由佳(子供時代)・・・柴田杏花

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://atom1204.blog53.fc2.com/tb.php/2445-f694255f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。