スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

つぶやき・おひさま(128~142話)

 


おひさま(128~142話) 

 

128回 昭和25年日本の景気はどんどん良くなっていったらしい。
丸庵のたぬきそばが18円(10倍でも現代の価格じゃない。カップソバか?)の時代。
日向ちゃんはお得意様の注文も分かる看板娘。
節子も相変わらず夕飯?(朝だけじゃないんだ)をたかり?(おい)に来ていた。
安子?が持って来たのはウィスキーボンボン?おっ大人の時間(笑)
杏子(あの娘の藁刺しには泣けた)からの返信がない事に心配な陽子だったが、、
現代・杏子が登場して杏子ちゃん
あの頃より大きくなって丸庵に来たが何か事情もあるようだ、って
この日はお昼頃に昨日放送した127回を再放送したのね。
これも何か事情か?(笑)

129回 杏子ちゃんのおじさんに電話したが。
そういえばあれ以来電話が鳴らない(笑)
ケイコ、ハナ、そして杏子で陽子の勉強会を受ける。その夜 陽子は電話で聞いた事を杏子に話し、、
そうか おじさんは亡くなって妹はアメリカ、杏子ちゃんは他の家にと別々に引き取られ
杏子の身の上を心配した陽子は杏子にここに居てと。
杏子ちゃんの泣きにでそれ以来 陽子(現代のシーンに戻った)と一緒なのね。
ワタシも現・陽子の年が気になる(笑)
そしてまた昔に戻ってユキちゃんと10年ぶりに再会。

130回 子供の頃のユキちゃん
荒川ちかちゃん(スクール!では嫌な役だった)田舎雰囲気が良かったね
そしてユキちゃんは結婚したのね。和成はアレに似てるって
そうか杏子ちゃんなら知ってるんだよね。あらっアレを教えてくれないの?
しかしユキちゃん、子供時代は貧乏だったけど綺麗な服着て(笑)良かった。
しかも社長。ユキちゃんは安曇野に店を出すそう。
お店はいつでも戸が開いてる。現代は24時間だ(違っ)
日向 なしの陽子達の訪問に良一はがっかり(手にぬいぐるみあるし)
良一・お父さん、面白いな~新しく出来たおもちゃ屋の常連か。
茂樹の医大への道はいつかは5日ではないby良一
なるほど~戸が開いてるから二婆も気さくに来るわけか。

131回 あ~赤ちゃんの日向ちゃん♪あれ?最初のシーンは回想。
陽子と和成のラブラブ傘はそうね、須藤家の帰りだね。
にしても洋裁教室は生徒が増えた!あら日向ちゃんまでちょっこり座ってる。
わはっ女達は洋裁。親父は食話。若い旦那達は嫁の話。皆 奥様が強いのね(確かに)
ある夜、火事が起こり、う~む 昔から様子を
見に行く人っていたんだ(震災の津波もだけど台風で川の様子を見に行って流された)
しかしこの場合、強風を心配した和成が陽子達に
念のため大事な物を持って離れようって事になり、、、
丸庵は焼けてしまった。
懐かしいシーンに

132回 現代・陽子と房子のシーンから。
代わって須藤家にいる丸山一家と節子。徳子はかなり落ち込んでいた。
良一、茂樹、道夫、和成はリヤカーを持って
松山へ(徒歩2時間くらい)、、+転んだタケオも一緒に加わった。
相変わらず徳子は呆然としていた、が陽子が横にいて話をして
子供のように泣いて抱きしめられて力強い言葉に励まされ
元気を取り戻したようピンチはチャンス

133回 丸山一家と節子は須藤家に身を寄せていた。
片付けをしながら、それぞれこの先を考えると暗い面持ちだ。
丸庵のあったあの場所での暮らしは楽しかった、が全て燃えてしまった。
光子は息子の所、節子は浜松の娘の所へ行く事になった。
皆であの大変な時を乗り越えたのに悲しい~。
真知子が訪ねて来ておっ!さくらんぼやはり高価だった?
育子も心配してやって来た。

134回 育子が東京土産を並べ出す。
カステラ、クッキー、音の出る人形、カラフルなクレヨン。
そう杏子ちゃんは育子の絵を知ってるよね。
男性陣は手拭い。女性達はハンカチ。真知子はついで(笑)に。
女性らしさを忘れずにな育子の心使いは徳子達を明るくしてくれた。
あっラジオのオクトパスにやっと?皆が気付いた(笑)
街頭録音の常連らしい育子。茂樹との久々の再会もからかい
二人を見た徳子は好き合ってるって感じと。
う~むこの二人!どうなる?(すでに結果は出てるだろうが)
番組サイトは見ないぞ(笑)
カヨさん夫婦もお見舞いに来てくれた。泣ける
ハナ、ケイコ、恵介(やっと現れた)もやって来て、桐野のおばあ様からは手紙が届いた。
あ~おばあ様登場して欲しかった。
そして良一が陽子と和成に今後の提案を

135回 道夫・お父さんは具体的に決めてないというか
これからを生きる和成達が決めた事を支えて行きたいと。
当たり前にあったものが無くなっちまった。それでも生きていかなけゃ(フジ・ドラ)いけない。
丸庵が無くなって悔しい、それを利用して勝ってやろうじゃないか。
そうか和成は蕎麦屋を継いでが当然に思ってたし、、そう陽子は古い女(それがいい点もある)
須藤家に甘えるはいいけど、出て行く努力は必要だよね。
しかし 父ちゃんはしっかりしてたの夫婦のオチが笑えた
作戦会議終了。
そうだね、紘子が亡くなってから良一は優しくなった(ジョークもありで)
母は優しく 父は厳しく。徳子と良一は反対だ(笑)
自分が知る(抱く)親のイメージって大抵は丸山夫婦だね。
庭先で徳子、道夫、和成に陽子、良一、茂樹は月見酒で楽しい夜となった。
翌日 家で和成と陽子は二人になり(周りがそうした)今後を話し合う。
はて和成の考えは?
夢の話をした時 徳子は新天地で暮らせたらと言ってたのが引っ掛かる。
それはあの別荘なのか?別な地なのか?
しかし丸庵の跡地は?土地を売るの?

136回 徳子と道夫め。先を越されて悔しいと和成。子供みたい(笑)
出た!茂樹&陽子(笑)陽子の妄想、和成&陽子も笑える
あの時言った皆の夢が叶う、場所。
幸せな匂いのする 懐かしいような家(あの別荘)和成と陽子は中を覗いてあれこれと描いた。
育子が東京に戻る日が来て陽子、真知子の三人は真知子のアパートに。
えっ?誓約書?真知子は秦野と結婚する時互いにルールを交わしたよう。
真知子!さすが陽子は育子に思いきって茂樹兄さんが好きなの?聞いてみた。

137回 須藤茂樹さんの事は好き。育子は答えた。
しかしそうなんだ。真知子→春樹で自分は茂樹。陽子の気持ちを考えてくれたのね。
陽子は私の 大好きな人同士で上手くいったら嬉しいと。がまだまだ勉強中の茂樹。
日向ちゃんに励まされてるえっ?二人の未来ってあ~あのシーンだね。
陽子、真知子、育子、三人の友情  白紙同盟は健在だ。
真知子は巻物の誓約書を見せてくれた。
あっ蕎麦ありますってもう 開店と思ったら現代。
あっ携帯が鳴ってる。やはりソフトバンク?
お尻!相手は夏子先生だ!幾つになったんだ?(笑)
えっ!私立の学校を作って学長!しばらく生きてます、がいいね~
あー確かに明日は最終回(10月1日)というのに
後20話(今日は9月30日)近く?はある~
話は戻って
和成と陽子は道夫と徳子と共に別荘を見に来ていた。

138回 いいんじゃねぇのかい。道夫と徳子は賛成してくれた。
あの家の持ち主って誰だろう。真知子・父じゃないな。
須藤家にタケオと父がやって来て持ち主が直接来ると言う。
ぷっ茂樹のお化け話。
えっユキちゃんが持ち主かい!すごいな~。ふんとに頑張ったんだね。
松本の跡地はユキが買う事になった。
別荘に陽子とユキがいる。そうか、この家はユキちゃんが憧れてた家だったのね。
景色と蕎麦、いいよね~。

139回 丸山家6人があの家を掃除していた。
ついにここにたどり着いたと房子。戦前から建ってる事に関心し陽子(現代)の年が気になる(笑)
それから蕎麦畑。お父さんの夢は叶ったのね。
房子はふんと 視聴者の代弁だ~。和成に何が起きるか?気になる~。
あの人?は桐野のおばあ様?当たった!
新しい店の名前は丸庵ではなく「百白花」
蕎麦の白い花、皆がホっとするお店であって欲しい、お客の数は千も万も欲張らない。
富士子のそんな思いが込められていた。
生徒一人に先生三人。蕎麦打ちを習う陽子。夜も勉強中だ。
東京では街頭録音で騒動が起きていた。
あっお巡りさんが落ちた
百白花はわぁ~いい雰囲気の店
須藤家、真知子が開店祝いに来た。
茂樹、真知子、陽子は育子の身を案じていた頃、育子は留置場にいた。

140回 お店は暇だった。
一郎(お~!お顔はまんまだけど赤鼻時より大きくなった)がやって来た、のは育子の事だった。
あの街頭演説で捕まった育子は反省もなく態度も悪いという事で警察が許してくれない。
悲観した父母に自分もどうする事も出来ないと一郎は泣いてい た。
真知子と二人、陽子は育子の言ってる事は本当だ、嘘はついてない。
あの事を切り出し。。
陽子は道に外れた行為かもと悩みながら東京に行く事にした。
そう 陽子は桐野のおばあ様に頼んだのだ。あの時の約束。一度だけの。
おばあ様 凛として相変わらず素敵
ワンピに足は草履の育子が哀れだった。
おばあ様にお願いしたと知った育子は帰らないと。

141回 ごめん育子。ごめん陽子。
こんなやり方は間違ってる。しかし陽子の気持ちは有難い。
育子は拘留されたまま、と思ったらおばあ様が再び訪れたのか?
富士子は陽子の約束をきちんと果たしに来た。
陽子が生きている中でどうしようもなく困った事があったら
一度だけ桐野が助けると約束したのだ。
育子が何で私なんかの為に。。
大好きな人だから、じゃないですか。
更に桐野から悪い事はしてないのだから胸を張って出なさいと言われ育子は警察を後にした。
ばぁ~か ふんとバカ。ばぁ~か。
育子が陽子に感謝の電話をして来たのだ。
大好き!
二人に泣けたね
真知子も電話に出て三人の絆は強いのである
あっこの前の品のいいおばあちゃんと旦那?のお客。
百白花ではお客が少しずつ増えていた。
勉強会、蕎麦打ち、以前のような時が戻りつつ、、な時
ハガキを見た和成の表情が、暗くない?

142回 日向の子と書いて日向子です(違っ!たまたまレコーダーに残ってた97回を
また見てしまった!明日は最終回でくそ急いでる時に)
和成の様子に杏子は日向子を連れ外に行った。
和成の戦友が肺病で長くないらしい。手紙はその妻が書いて来た。
生きてる内に和成に会いたいと。
が、戦友のいる所まで半日掛かるそうな。
話は取り敢えず一段落して和成は杏子と日向子のままごとに入れてもらう。
和成の良いところだね。
今更ながらだけど「ありがとう」の言葉を忘れないドラマだね。
その夜 陽子が荷物を準備する中、沈みがちな和成は日向子と杏子の寝顔を見ていた。
杏子ちゃんはすっかりここの子供だね~。
早朝 やはり二人の寝顔を見て行ってくるよと和成。
陽子の二食分の弁当(陽子の弁当は相変わらず旨そう)に暗い気持ちも少しは楽になるに違いない。
陽子は 駅まで見送りたいと。
ありがとうと和成。 


 


【送料無料】おひさま 完全版 DVD-BOX 3


脚本・・・岡田惠和
音楽・・・渡辺俊幸
主題曲・・・おひさま~大切なあなたへ~
歌・・・平原綾香
(土曜日のみ)

 


主な登場人物
(観た回まででわかる範囲)
丸山(須藤)陽子・・・井上真央
陽子・少女時代・・・八木優希
陽子・現在・語り・・・若尾文子
丸山和成・・・高良健吾
丸山徳子・・・樋口加奈子
丸山道夫・・・串田和美
丸山日向子・・・井上琳水

須藤良一・・・寺脇康文
須藤春樹・・・田中圭
春樹・少年時代・・・中川大志
須藤茂樹・・・永山絢斗
茂樹・少年時代・・・渡邉甚平
須藤(桐野)紘子・・・原田知世
桐野富士子・・・渡辺美佐子
神蔵正太郎・・・中原丈雄
筒井育子・・・満島ひかり
相馬真知子・・・マイコ
相馬剛三・・・平泉成
相馬春代・・・中村久美
ヤエ・・・大島蓉子

原口房子・・・斉藤由貴
原口宏・・・阿南健治

夏川ユキ・・・橋本真美
ユキ・少女時代・・・荒川ちか
宮本タケオ・・・柿本時生
タケオ・現在・・・犬塚弘
タケオ・少年時代・・・勝隆一
宮本ハル・・・角替和枝
宮本次郎・・・村松利吏
川原功一・・・金子ノブアキ
高橋夏子・・・伊藤歩
村上カヨ・・・渡辺えり
村上貞夫・・・斉木しげる
宮澤節子・・・白川由美
岩本安子・・・吉村実子

校長・・・原金太郎
飯田小太郎・・・近藤芳正
高山先生・・・竹内晶子
望月先生・・・梅沢昌代

梅田校長・・・綾田俊樹
萩原校長・・・矢島健一
中村先生・・・ピエール瀧
福田先生・・・ダンカン
石井恵子・・・寺元純菜
平岡圭介・・・平岡拓真
倉田杏子・・・大出菜々子
杏子・現在・・・伊東ゆかり
倉田千津子・・・小西舞優
高橋・・・千原せいじ
野中タエ・・・中村ゆり
村瀬・・・佐藤仁美
櫻井サキ・・・浅茅陽子
上原・・・高橋一生

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://atom1204.blog53.fc2.com/tb.php/2253-375f1af9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。