スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

おくりびと



第32回モントリオール世界映画祭グランプリ受賞作品

脚本 小山薫堂
音楽 久石譲
監督は滝田洋二郎監督

 

いい映画でしたよ~。

(簡単なあらすじですが)
東京のオーケストラが解散してしまい
チェロ奏者の職を失った大悟(本木雅弘)

妻の美香(広末涼子)を連れ
故郷の山形に戻り
求人広告で目に付いた好条件な職は
旅のお手伝いである
NKエージェント。

だが!広告に誤植アリ(笑)

NKは納棺のNK

"安らかな旅のお手伝い"

遺体を棺に納める仕事だったのだ!

社長の佐々木(山崎努)の下
大悟の新人納棺師としての
悪戦苦闘な日々が始まるわけだけど、、、

 

重い気分になると思ったら
観る側を暗くさせませんねぇ。

遺族と故人を前に
神聖な場でありながらも
思わぬ事態(美人な女性はニューハーフだった青年)に
真顔でやり取りする二人に
映画"お葬式"を思い出したかな( ̄ー ̄)

随所にユーモアが散りばめられ
大悟が風呂屋に行き
身体の隅々まで(鼻の中も)洗うシーンは
可笑しくて、、柱| ̄m ̄) ウププッ

このシーンに限らず
気を遣い
そぉ~と漏れない程度にクスっとしていたら
他の観客からも笑みが零れていたので
ホッとしたりも(苦笑)


逝くものと生き続けるもの
白子焼きのシーンは
生を食べる事で生を実感する
強烈なシーンですねぇ。


モックンの発案により、企画が進められたとの事。

納棺夫日記増補改訂版

納棺師なるお仕事を初めて知りました。
崇高な儀式に立ち会うとはいえ
時には孤独死の腐乱や自殺者もいるわけで
大変にも思いますが、、、

故人を敬い、丁寧に
且つスピーディに儀式を行うさまは
厳粛な中にも柔らかな空気が流れ
演ずるモックンの美しい所作に目を奪われましたよ~!

鍛えられた肢体に釘付けヾ(^o^;) オイオイ
いえいえ~(笑)
反して
指先まで神経が行き届き
芸術的とも言え素晴らしい~。


モックンは年を取らずって感じなんですが
山崎さん、余さんも
ある時から変わらない組だな~なんて(笑)
この三人も含め
笹野さん始め
夏ドラマとは違ったキャラの
杉本さん、広末さん
皆さん、好演なさってました♪

欲を言えば
佐々木が大悟に手解きするシーンが
少しぐらいはあった方がよかったかな。。
(大悟はビデオ撮影で覚えちゃった?)
それと
佐々木は大悟の父親かと思ったけど
そんな偶然は無かったです(韓ドラの見過ぎかも?、、。(*^▽^*)ゞ)

 

生あるものには終わりが来る
遺族にとって
故人は穢れではなく、、
大切な家族であり、恋人、友人なんです。
旅立ちを見守る遺族に
身内を亡くした頃の自分を重ね
胸にチクリ、、としたりも
(看護師さんを手伝い洗浄はやった事がありますが)
時間が経過すればするほど、、
遺体は硬くなるんです。。
人が生きていた確かな証がズシリ。

納棺師を演ずる二人が
力を加えてる部分を端々で感じたけど
優しさに満ち溢れ、故人の尊厳を守る。
真剣な姿に身が締まりつつも
穏やかな気持ちになれるんです。

遺族も心の整理をする時間が持てるでしょうね。

 

自分が逝くにしろ
遺族にしても
映画のようなおくりびとにおくってもらいたいな~。
(おくるって言うのは、、送るであり、贈るでもあるのかな)


地方の風習として
今も受継がれているのでしょうか、、?
日本の伝統っていいですねぇ。

また
全編、流れるチェロの曲は
柔らかく、優しく響き
話の全てを包み込むように溶け込んでいます。

人は誰でも、いつか
おくりびと、おくられびと

深い感銘を受けました。
必見の一作ですね!


関連記事
スポンサーサイト

コメント

>(おくるって言うのは、、送るであり、贈るでもあるのかな)
ここすっごいですね。
送るしか考えずに観てましたけど、
確かに贈るでもありましたものね。
そう考えると尚ステキな映画だったかもしれませんね。
2008/ 09/ 25( 木) 13: 51: 38| URL| miyu# -[ 編集 ]
 
こんにちは。
>生を食べる事で生を実感する
食べる時に挨拶「いただきます」は、「命を頂きます」という意味だと某作品で語られていました。
まったくその通りのことですよね。
「旨いんだな、困ったことに」・・は印象的で象徴的うなシーンでしたね。
2008/ 09/ 25( 木) 22: 00: 32| URL| たいむ# -[ 編集 ]
 
ルルさん、お邪魔します♪
いい映画でしたね~
自然と溢れる涙は温かく、
随所に散りばめられたユーモアに加え
味わい深いセリフもなかなか良かったです^^
私も同じく、この作品を観て
NKの社長や大悟に納棺してもらいたい!って思いました。

>全編、流れるチェロの曲は
柔らかく、優しく響き
話の全てを包み込むように溶け込んでいます。

本当にその通りですね。特に、
田園風景の中で奏でるチェロは素晴らしかったぁ~
この秋、必見の一作ですね!
また遊びに伺います。今後ともよろしくお願いします^^
2008/ 09/ 27( 土) 01: 31: 23| URL| Any# PTRa1D3I[ 編集 ]
 
こんにちは~♪
コメントをありがとうございます!

>>(おくるって言うのは、、送るであり、贈るでもあるのかな)
ここすっごいですね。
送るしか考えずに観てましたけど、
確かに贈るでもありましたものね。
そう考えると尚ステキな映画だったかもしれませんね。

書いている内にあれっ?(笑)と思ったのですが、、
miyuさんにそう言っていただいて嬉しいデス☆
それと、山崎さんて映画「お葬式」にも出演なさってましたよね~。
遺族な役だったと思うので気持ちもわかった上であり
おくりびととしても適任かな~なんて^^;
2008/ 09/ 27( 土) 16: 06: 21| URL| ルル# -[ 編集 ]
 
こんにちは~♪
コメントをありがとうございます!

>食べる時に挨拶「いただきます」は、「命を頂きます」という意味だと某作品で語られていました。
まったくその通りのことですよね。

そうなんですよね~(^^)
いただきますと感謝する。
こういったシーンを入れた事で深みも増しましたよね。

>「旨いんだな、困ったことに」・・は印象的で象徴的うなシーンでしたね。

人間て残酷ですね~。
ホント、困った^^;
2008/ 09/ 27( 土) 16: 14: 15| URL| ルル# -[ 編集 ]
 
こんにちは~♪
こちらこそありがとうございます!

>いい映画でしたね~
自然と溢れる涙は温かく、
随所に散りばめられたユーモアに加え
味わい深いセリフもなかなか良かったです^^

うんうんv-398
上質な笑いが見る側に不安を与えずで
心に染み入る作品ですよね~。

>私も同じく、この作品を観て
NKの社長や大悟に納棺してもらいたい!って思いました。

ホント!そうですよね~。
もしもの時は、こんな方達に出会えたら。。

>本当にその通りですね。特に、
田園風景の中で奏でるチェロは素晴らしかったぁ~
この秋、必見の一作ですね!

もっくんが弾いてるそうですが
納棺師についてもですが
役になり切る姿勢が素晴らしいですね♪

>また遊びに伺います。今後ともよろしくお願いします^^

こちらこそ~
また遊びに伺わせていただきます。
宜しくお願いしますv-290

2008/ 09/ 27( 土) 16: 21: 30| URL| ルル# -[ 編集 ]
 
本当にいい映画でしたねぇ。
生きることと死ぬことの対比の仕方が
うまいなー。って思いました。
そんなところも海外で評価を受けたような
気がしましたよ。
それにしてももっくんのしぐさのひとつひとつが
とっても綺麗でしたねぇ。
うっとりしてしまうほどでした。
大変だけど尊い感じのする仕事なんですねぇ。
改めて合掌!です。
2008/ 10/ 02( 木) 20: 33: 15| URL| みのむし# -[ 編集 ]
 
心の奥に優しく届く作品でした。
ここ最近親しい人や肉親を立て続けに見送りましたが、ふとそのときを思い出したりしました。
これから先は今まで以上に去り行く人を温かく「送りだすこと」が出来るようにしたいし、自分もそうしてもらえたらいいな、と思っています。
2008/ 10/ 02( 木) 21: 28: 28| URL| hyoutan2005# RGbu2J4Q[ 編集 ]
 
いい映画でしたね~。
笹野さんの職業に「あっ」と言わされ
その後の彼のセリフと見送りのシーンに涙・涙…。
モックンのこの映画に対する努力も感じて
ますます好きになってしまいました。
2008/ 10/ 03( 金) 19: 41: 01| URL| ミマム# Z9Kq5I9M[ 編集 ]
 
遅くなってしまいすいませんv-421

>生きることと死ぬことの対比の仕方が
うまいなー。って思いました。
そんなところも海外で評価を受けたような
気がしましたよ。

ホントですね~。
作り手のセンスが表れたというか。
そうそう、もっくんの所作が美しくて
見惚れちゃいましたよ~。
手先の器用さと真心は
元音楽家ならではで
誰もが出来るお仕事ではないですが
いい映画を見たな~とv-398
2008/ 10/ 07( 火) 19: 47: 50| URL| ルル# -[ 編集 ]
 
遅くなってしまいすいませんv-436

>これから先は今まで以上に去り行く人を温かく「送りだすこと」が出来るようにしたいし、自分もそうしてもらえたらいいな、と思っています。

こんなおくりびとが居たらいいですよね~v-290
ワタシもホッとするような
優しい気持ちになれ
いい映画を観て良かったな~と思いました。

2008/ 10/ 07( 火) 19: 51: 46| URL| ルル# -[ 編集 ]
 
遅くなってしまいすいませんv-421

>いい映画でしたね~。

ホントですね~v-398
見に行く前は憂鬱になるかも~と思ったのですが(苦笑)
全くそんな事は無く
寧ろ、気持ちが癒されたというか。。

>笹野さんの職業に「あっ」と言わされ

台詞もズシンと来ましたよね~。
この方
「イキガミ」では冷たい役なんですが
あちらでも光ってましたよ~v-291
モックンはいい俳優になりましたね。
シブガキ隊の頃が懐かしい~(笑)
2008/ 10/ 07( 火) 19: 58: 30| URL| ルル# -[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://atom1204.blog53.fc2.com/tb.php/1880-0fffd77b
 『人生最高の旅立ちのお手伝い致します。』  コチラの「おくりびと」は、第32回モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞し、さらにはアカデミー賞外国語映画賞の出品作品に決定するなど、にわかに話題となっている”納棺師”を題材とした9/13公開のヒューマン・ド...
2008/ 09/ 25( 木) 13: 37: 03| ☆彡映画鑑賞日記☆彡
キレイになって、 逝ってらっしゃい。 製作年度 2008年 上映時間 130分 脚本 小山薫堂 監督 滝田洋二郎 音楽 久石譲 出演 本木雅弘/広末涼子/山崎努/余貴美子/吉行和子/笹野高史/杉本哲太/峰岸徹 一見近寄りがたい職業、納棺師に焦点を当て、重くなりがちなテーマを軽...
2008/ 09/ 25( 木) 14: 29: 18| to Heart
□作品オフィシャルサイト 「おくりびと」□監督 滝田洋二郎 □脚本 小山薫堂 □キャスト 本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、杉本哲太、吉行和子、笹野高史、峰岸徹、山田辰夫 ■鑑賞日 9月14日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★☆(5★
2008/ 09/ 25( 木) 17: 17: 59| 京の昼寝~♪
【監督】 滝田洋二郎  【脚本】 小山薫堂   【音楽】 久世譲   【公開】 2008/09/13  【上映時間】 2時間10分  【配給】 松竹 ...
2008/ 09/ 25( 木) 17: 54: 23| +++ Candy Cinema +++
全てをナチュラルなものとして捉えたい、そんな作品だから言葉にするとひどく嘘っぽく聞こえてしまいそうで、蘊蓄はあまり語りたくないし、聞きたくない。きっと誰もが観るだけで心に沁み入るものがあると思う。素晴
2008/ 09/ 25( 木) 21: 53: 33| たいむのひとりごと
監督:滝田洋二郎脚本:小山薫堂音楽:久石譲出演:本木雅弘、広末涼子、余貴美子、吉行和子、笹野高史、山崎努試写会場 : よみうりホール公式サイトはこちら。<Story>求人広告を手にNKエージェントを訪れた小林大悟(本木雅弘)は、社長の佐々木(山崎努)から...
2008/ 09/ 25( 木) 23: 51: 40| NiceOne!!
監督:滝田洋二郎 CAST:本木雅弘、広末涼子、山崎努 他 モントリオール国際映画祭 グランプリ受賞 チェロ奏者だった大悟(本木雅...
2008/ 09/ 27( 土) 16: 26: 51| Sweet*Days**
JUGEMテーマ:映画 2008年9月13日 公開 冷たくなった人間を蘇らせ 永遠の美を授ける それは冷静であり 正確であり そしてなにより優しい愛情に満ちている 別れの場に立会い 故人を送る 静謐で全ての行いがとても美しいものに思えた 1
2008/ 09/ 27( 土) 17: 22: 09| UkiUkiれいんぼーデイ
いい映画らしい、と聞いていたので、見てきました。 ネタバレは、、、多分無しです。。 一言で感想を言うと、「見てよかったなぁ・・・」と しみじみ思える映画でした。 思いっきり泣くつもりで行ったんですけど、 前半は意外にもクスクス笑えるシーンが多くてビックリ&...
2008/ 09/ 27( 土) 21: 06: 13| 霞の気まぐれ日記
おくりびと (小学館文庫 も 3-4) 見ました。 とても神聖なものを見たような感じです。 もっくんがすごく素敵だった。 納棺をするために亡くなった方に施す死化粧や死に装束を これほどきれいに仕立て上げるのってすごいなぁ。 ってうっとりと見とれてしまうほどで...
2008/ 10/ 02( 木) 18: 16: 47| Simple*Life
『おくりびと』 (2008年・日本/190分) 公式サイト 第32回モントリオール世界映画祭グランプリ 第17回金鶏百花映画祭国際映画部門 作品賞・監督賞・主演男優賞 第81回ア...
見てきました。感想です。
2008/ 10/ 03( 金) 19: 40: 02| 塩ひとつまみ
満 足 度:★★★★★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:滝田洋二郎 キャスト:本木雅弘       広末涼子       余貴美子       吉行和子       笹野高史       山崎努、他 ■内容■  楽団の解散でチェ...
2008/ 10/ 13( 月) 06: 47: 18| ★試写会中毒★
試写会に行く予定だったのですが 仕事が入ったので妹に行ってもらいました。 観てきた彼女は大絶賛!! じゃあ、映画館で観ておく? というわけで映画館へ。 楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、 妻と共に故郷の山形に帰ってきた大悟は、 新聞で“旅のお手伝い...
2008/ 10/ 23( 木) 15: 45: 55| 映画、言いたい放題!
▼動機 連れてってと言われたので ▼感想 美しき日本の様式美 ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努
2008/ 10/ 24( 金) 22: 03: 59| 新!やさぐれ日記
◆本木雅弘さん(のつもり) 本木雅弘さんは、映画『おくりびと』に小林大悟 役で出演しています。 第81回アカデミー賞外国語映画賞、および第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品ということで、先日、遅ればせながら劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
2009/ 03/ 03( 火) 23: 40: 50| yanajunのイラスト・まんが道
いのち芽吹く物語。  
2009/ 03/ 06( 金) 11: 29: 25| Akira\'s VOICE
管理人の承認後に表示されます
2009/ 08/ 20( 木) 23: 40: 18|
管理人の承認後に表示されます
2009/ 09/ 14( 月) 23: 33: 28|
管理人の承認後に表示されます
2009/ 09/ 15( 火) 15: 00: 42|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。