スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ジャッジ~島の裁判官 奮闘記~(3)

ジャッジ―島の裁判官奮闘記 (角川文庫 ん 26-1) ジャッジ―島の裁判官奮闘記 (角川文庫 ん 26-1)
中園 健司 (2007/10)
角川書店
この商品の詳細を見る
 



視聴率は 7.9%・・・前回(7.0)より↑


あれこれ欲張ったせいか
このドラマも、今頃ですが( ̄∇ ̄*)ゞ
この回は必見の価値あり。
(2回目はイマ一つだったので)
録画を捨てないで良かったデス!




11年間の介護の果てに
妻(中原ひとみ)が夫(平井昌一)を
殺すという事件が起き
恭介(西島秀俊)が担当する事に。

重大事件の場合
合議体と呼ばれる3人の裁判官によって
進められるようですねぇ。
島の支部長である恭介は裁判長として
裁判に挑んだわけですが


とても落ち着いていて、ステキ(笑)
いや~。(*^▽^*)ゞ
姿だけでなく、その手腕も見事だったかと。

被告人の一家に
どんな事情があったか?
疑った恭介が
じっくりと取り組まなかったら?
早い時期に嘱託殺人を疑った
弁護士、畑夏海(浅野温子)も
凄腕と言われるだけ
鋭い着眼でしたねー。


長年連れ添った夫と妻。
夫は妻を
妻は夫を思い、

また、母であり、父である二人は
一人息子(津田 寛治)を思う。
その息子もまた、、、


わんも
父ちゃんやおっかぁに会いたくて、、、
島に帰って来たくて、、、
わんが父ちゃんを殺したようなものです。。
おっかぁじゃありません。


夫が残した日記のような
ノートの最後のページには

いそこ ありがとう


妻は全てを語りました。

いやはや~、、、
裁判後半からは見入ってしまい
涙がボロボロ。。(´_`。)(´_`。)グスン
中原ひとみさんが良かった。
今クールで一番、泣かされましたねぇ。
ちなみに(笑)
2番は、医龍3話のお祖父ちゃん
3番は、ドリーム☆アゲインの
志田ちゃんにもう一息、、テヘヘッ(*゚ー゚)>


重く悲しい話でしたが
誰しもやって来る老後。
もしかしての介護。
他人事ではありませんよね~。

恭介が下した判決内容が
妥当かどうかは
難しいと思いますが、、、
もし、恭介がこの事件を軽視していたら
判決も変わっていたかと。

刑務所に入っても
反省してるかどうかは、その人次第なんですよね。
この点については手紙(東野圭吾氏)で
色々と考えさせられました。


事件中心の感想になっちゃいましたが
恭介の母の入院によって
恭介は被告の息子の気持ちを
自分に置き換えたり
妻、麗子(戸田菜穂)との絆も深まった
中味の濃いお話でしたー。


ハデなイケメンもいいですが(^w^) ぶぶ
若き裁判官を演じる西島さんは
知的ながら、爽やかな魅力がいいですね~。
戸田さんとお似合い(笑)


来週は恭介が涙!
めちゃめちゃ気になります(笑)

 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://atom1204.blog53.fc2.com/tb.php/1702-e8332fcc
いい判決だったなぁ( ノД`)シクシク…寝たきりの夫を11年に渡って一人で献身的な介護を続けたあげく、慢性的な疲れと睡眠不足から、思い余って犯行に及んだものかと思われた殺人事件は、実は夫から「楽にしてくれ。」と依頼された妻が起こした嘱託殺人だった・・・息子が集
2007/ 10/ 30( 火) 11: 15: 42| あるがまま・・・
親の子への愛情、子の親への想い。 罪人を人が裁くということ・・・。 NHK土曜ドラマ「ジャッジ~島の裁判官 奮戦記~」第3話『告白』
2007年10月27日(土)21時から、NHKで、「ジャッジ・島の裁判官奮闘記」第3話(「告白」)が、放送されました。(ドラマは、全5回です)特番が先週あって、先週は休みだった、「ジャッジ」。今回も、じーっと、見入っちゃいましたよぉ(笑)でも、辛いね、今...
2007/ 10/ 31( 水) 23: 24: 05| たまちゃんのドラマページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。