FC2ブログ

第51回ドラマアカデミー賞

 
SHARP 37型液晶テレビ 
2006年、中々のヒット(たぶん)
 



2006年10月期連続ドラマをほぼ対象にされた
週間ザテレビジョンアカデミーの結果は、このようになりました!



第51回ザ・テレビジョン ドラマアカデミー賞


 



最優秀作品賞


 「のだめカンタービレ」フジ


   




主演男優賞
 草剛(僕の歩く道)


主演女優賞
 上野樹里(のだめカンタービレ)




助演男優賞
 堤真一(セーラー服と機関銃)


助演女優賞
 香里奈(僕の歩く道)



新人俳優賞
 河本準一(14才の母)


音楽賞
 武内秀樹(のだめカンタービレ)


監督賞
 三宅喜重、他(のだめカンタービレ)


脚本賞
 橋部敦子(僕の歩く道)


タイトルバック賞
 「のだめカンタービレ」


特別賞
 のだめオーケストラ(のだめカンタービレ)

 


作品賞
2位「僕の歩く道」
 


3位「14才の母・愛するために 生まれてきた」
     


4位「Dr.コトー診療所2006」



5位「功名が辻」
 

(テレビジョン2/9号より)





さて、結果はいかがでしたでしたか?

こんな賞があるんだ?と思う方はともかく(笑)
普段は立ち読みで済ますワタシも( ̄∇ ̄*)ゞ
今回は、発売日の水曜に買い求め
のだめ6部門制覇に、一人ニンマリしておりました(笑)
ちなみに
ドラ☆カフェ、10月期の1位は「のだめ」です(= ̄∇ ̄=)



最優秀賞に輝いたフジは
前作「結婚できない男」に続き、これで25作目
"月9"としての受賞は、9作目で
'02年夏の「ランチの女王」以来との事。
2位も奪ったフジは、強さを見せつけた感じですかねー。


「のだめ」受賞について
審査員の評をちょこっと書くと
スラップ・スティック手法で
クラシック音楽を新感覚でとらえ
音大生の生態をデフォルメした演出を見事に表現。
ニュードラマの誕生を見た、と絶賛する一方で
版権の切れた甘い曲を使った激伴は物足りないとも。



それにしても、上野樹里ちゃんの主演は納得です!
のだめそのものでしたもの( v ̄▽ ̄) ♪
男優賞が、千秋さま演じた玉木さんでないのは残念ですが
草君は、難役を見事にこなしていたので
文句の付けようがないかな~と。
樹里ちゃんは初の受賞ですが
草君は3度目になるそうです!


※参考までに
主演男優
2位・・・玉木宏
3位・・・吉岡秀隆

主演女優
2位・・・志田未来
3位・・・仲間由紀恵


助演男優
2位・・・小出恵介
3位・・・瑛太


助演女優
2位・・・田中美佐子
3位・・・蒼井優



「のだめカンタービレ」は
最後まで、本当に楽しみで面白く見れました!
"ブラボーでございましゅ"(笑)


現在放送中の1月期の感触が、イマ一つですが
好きなお茶(玄米茶)を飲みながら
冬ドラを見ようと思います♪(* ̄ー ̄)v



それでは、今後もよろしくお願いします!


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する