FC2ブログ

武士の一分


1日に行って来ましたー!
ネタバレでがんす(笑)

 

「武士の一分」とは
侍が命をかけて守らなければならない名誉や面目の意味


藤沢周平原作、山田洋次監督脚本による
本格時代劇第3弾です。



東北の小藩に仕える三十石の
下級武士、三村新之丞(木村拓哉)の勤めは毒見役。
道場を開き、子供達に教える夢を抱きつつ
妻、加代(壇れい)と平和な日々を暮していたが
ある日、つぶ貝の毒にあたり失明してしまった。

家禄を守る為、加代は上級武士の島田藤弥(坂東三津五郎)に相談。
 

叔母の以寧(桃井かおり)から
加代に男がいると聞いた新之丞は
徳平(笹野高史)に尾行をさせます。

不貞を知り、離縁を言い渡す新之丞
その後、近習仲間から事の次第を知り
師匠、木部孫八郎(緒形拳)に再び剣術の教えを請い
島田との果し合いに挑む為、河原へ。


決着は島田の左腕を切り落とし
とどめを刺さずに帰りますが
島田は、事の詳細を誰にも語らずに自害。

徳平と二人暮らしをしていた新之丞の元に
飯炊き女がやって来て、、、
実は、加代でした。


新之丞は加代を許し、夫婦は末永く暮したであろう。。 



というのが、お粗末ながら、大方の筋ですが(^^ゞ
映画については
ネタバレをどこまで明かす?に
考えながらも
今回は書いちゃいましたー。


主人公が毒見役とは
今の時代に見る事がないだけに興味シンシン!
宣伝で内容は、それとなく知っていたので
それによっていつ失明するのか?
お膳が運ばれると、緊張しました(笑)


お椀の中味は、5人共違うのか?
左の男がいつもポリポリしていたので
藩主暗殺犯は、こいつかも?と勝手な推測も(ないない、、笑)


新之丞が失明してからの、加代のお百度参りや
献身的な看病、、、口うつしで薬を飲ませたりね、、
妻の夫への想いが溢れていたけど
ご飯の上におかずをのせてあげるのが
良かったな(^◇^)

新之丞のお湯くれ、に答える素直な加代もですが
この時代、夫婦は共に食事をしないのですよね。


 


新之丞を心配する親戚達の会議や
桃井さん演じる叔母が
ときおり現れては、口うるさく談話するシーンは面白かったです!
徳平とのかけあいもね。


見る前からお楽しみだった、緒形さんと木村さんの師弟シーン。
(この二人、ドラマ「ギフト」でも共演しています)
木刀を振るさまは気迫に満ちていました!
二人のシーンが、少ないと思っていたら
カットされていたみたい(パンフを立ち読みしたら、書いてあった)

s-linedrycorn.gif

見終わった後ですが
新之丞の異変に気付いたのは、加代だけに
失明して磨ぎすまされた感覚?から
妻の不貞がわかる夫なら
最後の芋がらの煮物(でしたっけ?)にも
夫婦を繋げる上で
いっそう深い味になったのになぁ、なんて思ったりも



住居から見える庭の景色や
つがいの文鳥。
何度もある食事のシーンや
質素でも掃除が行き届いていそうな部屋。
そして、笑いが一斉に起こった観客席。
(ワタシなど、声を潜めるように笑ったのに、、、笑)

これが、山田ワールド?かな、と(^◇^)


s-linedrycorn.gif

木村君ですが
おでこが全開だと、童顔なんですね。。
子供にイタズラをしたり
口元でふっと笑ったりはいつもの彼でしたけど
失明してからの雰囲気は良かったと思います。
目力がありましたねー!


姉さん女房のような壇さんだったけど
裸足で歩くさまは、初々しかったです。


笹野さんの思わぬ好演ぶりには、驚かされましたねー。
この方が一番の功労者では?



この作品の夫婦のあり方と暮らしぶりは
かなり若い人には、びっくりかもですが
古き時代の夫婦の姿が、ここにあります。
仮に、木村君目当てで見たとしても(笑)
昔の人の精神を知る上では、いいのかなと思いました。



実は、老夫婦で観てる方も居て
おっ♪いいなぁ、なんて思っていたら
上映中、何度かふつーに会話するので
集中出来なかったのよね(~_~;)
さすがに、困ったなぁ、、、で、チラリと見ようとしたら
「うるせー」と怒鳴る人がいて
その後、老夫婦が「しぃーー」と言い合ってるのには
笑っちゃいました~。


でも、機会があったら、もう一度観たいと思います。


中々良い作品でした♪


 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

今回の作品は
演出もさることながら以前の二作品と違って
季節を感じさせる庭の景色の色合い、
そして妻・加世の佇まいと
髪を整える姿とかがキレイでしたね。

>二人のシーンが、少ないと思っていたら
>カットされていたみたい(パンフを立ち読みしたら、書いてあった)
この辺りはDVD発売にこのシーンを付けるような気がします。


>笹野さんの思わぬ好演ぶりには、驚かされましたねー。
これはもう助演候補に挙がってきますね。
ちなみにスタッフロールに
「ささの貴斗」君の名前があったんですがねぇ。

もし、彼が出るとしたら
笹野さん演じる徳平とチャンバラしてた男の子だと思うんですがねぇ。
いかがなもんでしょう(笑)
2006/ 12/ 03( 日) 21: 26: 39| URL| ikasama4# -[ 編集 ]
 
映画にコメントを下さり
嬉しいです~!


>演出もさることながら以前の二作品と違って
季節を感じさせる庭の景色の色合い、
そして妻・加世の佇まいと
髪を整える姿とかがキレイでしたね。

ikasama4さんは、前作をご覧に
なったようですねv-290
どれが一番良かったですかね?
三作全部を観た方の意見は
ちょっと小耳にしました^^;

ワタシは古き良き日本を見た、という感じでした。
木村君と緒形さん、坂東さんとのシーンもキマっているので
外国の方に観てもらいたい~。

>DVD発売にこのシーンを付けるような気がします。

なるほど~。
もう一回観ようかな(^^ゞ
(DVDのお値段にもよりますが、、、笑)

笹野さんの息子さん、出てましたねー。桃井さんの息子役の男の子に
間違いないと思いますよ~v-291
笹野さん、賞を取りそうですよねー。
2006/ 12/ 04( 月) 17: 02: 00| URL| ルル# -[ 編集 ]
 
ルルさんも見たんですね♪

後から後からジワジワとくる作品。
失明してからの木村君の新之丞が素晴らしかったでがんす!
笹野さんの中間も、素晴らしかった♪時代劇はあまり見ないのですが
たまには古き良き日本を感じるのも
いいな~と思ったでがんす!

「がんす」が口癖になりそう(笑)
2006/ 12/ 04( 月) 20: 59: 32| URL| アンナ# -[ 編集 ]
 
今晩は~!
何だか、お話をするのが
お久しぶりです~。

そうですねv-290
ワタシも、失明してからの木村君が
良かったがんす(笑)
「がんす」も流行りそうですが
「一分」も流行語になりそうですね~。

コメントを
ありがとうございましたv-436
また良かったら、よろしくお願いします!
2006/ 12/ 05( 火) 22: 55: 31| URL| ルル# -[ 編集 ]
 
TBありがとうございました。

夫婦の絆に素直に共感できる映画でした!

毒見のシーン、1回目は何事もなく、2回目もお膳をお殿様の所に運ぶまで何も起こらなくて、いったいいつ新之丞が苦しみ始めるのかとハラハラしました~
2006/ 12/ 08( 金) 15: 52: 10| URL| kenko# -[ 編集 ]
 
ルルさん、こんばんは。

>献身的な看病、、、口うつしで薬を飲ませたりね、、
愛を感じましたよねぇ。
でも、『口移しで・・・』とお医者から説明を受けてたときの加世の顔が、なんだか嬉しそうだったんですよー(笑)
もう一度見るなら要チェックです(爆)

このシーン、実はラブシーンの代わりらしいですね。(一応、キスシーンだしw)
山田監督、キスシーンを一度も撮った事がなかったと、暴露話が何かに書かれていましたw

良い作品でしたね。




2006/ 12/ 08( 金) 20: 10: 33| URL| たいむ# -[ 編集 ]
 
はじめまして
TBありがとうございました

笹野さん、良かったですね。
そして息子さんも出てたんですね~。
確か、お年の割に小さいお子さんが3~4人いらしたような。。。

あ。映画の内容と関係ないコメントですみません。
2006/ 12/ 08( 金) 22: 20: 27| URL| チョコ# -[ 編集 ]
 
良かったんだと思います。(^^;)
苦手なもので。(ファンの方には、申し訳ないでがんす)
物干し竿のところでは、笑えなかったんですが、殿様の「大儀」では、爆笑しそうになりました。どうも、異なるノリをしていたようで、やや浮いた観客だったかもしれません。そうですか、(笹野さんの)息子さんが…。いやー、みなさん、物知りでがんす。TBありがとうでがんす。<いい加減にしなさい。>はい。
2006/ 12/ 09( 土) 02: 20: 30| URL| あかん隊# t50BOgd.[ 編集 ]
 
眼力感じました。
目が見えない役で、目線が合うことがないのに眼力を感じるというのはスゴイですよね、さすがキムタク。
TBありがとうございました。
2006/ 12/ 09( 土) 08: 46: 05| URL| とりこぷてら# 9K64Lzaw[ 編集 ]
 
こちらこそ、初めましてですv-436
コメントをいただき、ありがとうございます!

>夫婦の絆に素直に共感できる映画でした!

そうですね~。
昔の夫婦の姿が見れて
若い方にも観ていただきたい映画ですよね~。

>勉強になります!

kenkoさんがレビューされていた言葉を引用させていただきましたが
夫を支える妻が素敵でしたよね。

映画は時々ですが
また遊びに行かせてくださいませ~。今後もよろしくお願いします!
2006/ 12/ 09( 土) 19: 08: 59| URL| ルル# -[ 編集 ]
 
お~!
コメントをいたたぎ、ありがとうございますv-436

>でも、『口移しで・・・』とお医者から説明を受けてたときの加世の顔が、なんだか嬉しそうだったんですよー(笑)
もう一度見るなら要チェックです(爆)

良く見ていましたね~v-411
さすがです~(笑)
ええ~、次に見る時は
じっーくりとチェックいたします♪

>山田監督、キスシーンを一度も撮った事がなかったと、暴露話が何かに書かれていましたw

そうなんですか?!
それは驚きましたー。
という事は、前作の2作もなかったわけですね。得した気分ですが
木村君ファンとしては、複雑かもしれません(あっ?ワタシは平気です、、、笑)
先ほど、お邪魔させていただきましたが「スケキヨ君ゲーム」を楽しんでいます(^^ゞ
2006/ 12/ 09( 土) 19: 16: 26| URL| ルル# -[ 編集 ]
 
こちらこそ、初めましてですv-436
コメントをいただいて、有難いです~。

チョコさんは藤沢さんのファンのようで、、、
他の方と違った視点で見た感想が参考になりました。
手応えは良かったようですね。

>笹野さん、良かったですね。
そして息子さんも出てたんですね~。
確か、お年の割に小さいお子さんが3~4人いらしたような。。。

そうそうなんです(笑)
笹野さんの息子さんは、たぶん3~4人で(^^ゞ
お子さんがドラマにも出演してます。芸能一家ですよねv-291
また、映画を観る機会がありましたら
よろしくお願いします~。

こちらで返答もなんですが、、、
ワタシの事を
風邪薬で思い出し下さる方が多いです(笑)
学生時代の友人が付けたあだなを使ってますが(今もたまに呼ばれているので)すでにおばさんです(^^ゞ
2006/ 12/ 09( 土) 19: 32: 35| URL| ルル# -[ 編集 ]
 
コメントをありがとうございますv-436
もしかして、、木村君は苦手ですか?(勘違いでしたら、スイマセン。。。)

>物干し竿のところでは、笑えなかったんですが、殿様の「大儀」では、爆笑しそうになりました。どうも、異なるノリをしていたようで、やや浮いた観客だったかもしれません。

いや~、そんな事はないです~。
色んな方の感想を読みましたが
全くダメという方もいましたし
藤沢さんのファンの方、山田監督のファンの方の視点で観ると
また別な意見もあるようですね。
映画のプラス、マイナスが見えて
驚いたり、関心したり、笑ったりで、、実は他の方の感想は読み応えがありました~。

>(笹野さんの)息子さんが…。

現代物だと、すぐにわかったと思いますよ~。
笹野さんと雰囲気が似ているので(^^ゞ
映画を観る機会が少ないですが
またよろしくお願いします~。
2006/ 12/ 09( 土) 19: 45: 22| URL| ルル# -[ 編集 ]
 
コメントをありがとうございますv-436

>目が見えない役で、目線が合うことがないのに眼力を感じるというのはスゴイですよね、さすがキムタク

木村君は後半が良かったですよね~。目隠しをして、武術の練習もしたらしいですね。
ワタシは緒形さんとのシーンに見入ってました~(二人の共演が楽しみでしたので)

先ほど、お邪魔させていただきましたが、映画をたくさんご覧になっていますね。
映画を観た時は、またよろしくお願いします~。
2006/ 12/ 09( 土) 20: 36: 31| URL| ルル# -[ 編集 ]
 
ワタシも、1日に観に行きました。
よかった~~です。
宝塚ふぁんで・・
檀れいさんが心配でしたから・・

>裸足で歩くさまは、
>初々しかったです。
足が・・・アハハ
ワタシもそう思いました。
2006/ 12/ 13( 水) 11: 12: 22| URL| スナッチャー# cE9yY6UE[ 編集 ]
 
お~♪ありがとうございます!

同じ1日に行ったのですねー。
壇さんファンでしたか?v-291
中々、頑張っていましたよね!
テレビで見た印象と違って
好演されてたと思いますよ~。

またよろしくでがんす(笑)
2006/ 12/ 13( 水) 15: 49: 32| URL| ルル# -[ 編集 ]
 
TBありがとうございました。
今は忘れ去られてしまったような夫婦のあり方がとってもよかったですね。新之丞がいつもは恥ずかしがり屋で加世の顔を見ないことが失明を気づかせる原因になるなんて・・・
現代の夫婦ではありえないことですからね。
そして笹野さんの好演がこの映画をとてもほのぼのさせて素晴しかったと思います。檀れいの加世もたおやかで可愛らしくていい妻でした。
こちらからもTBさせていただきますね。
2006/ 12/ 13( 水) 20: 44: 45| URL| キャサリン# co9xvPLk[ 編集 ]
 
こちらこそ、ありがとうございました<(_ _)>

>現代の夫婦ではありえないことですからね。

若い方が観たら
びっくりするでしょう~。
全ては中々ですが(^^ゞ
見習うべきところはありますよね。

ホント、笹野さんの好演と活躍は
作品にいい味を残してます。
親子で出演したところも憎いです~(笑)
またよろしくお願いしますv-290
2006/ 12/ 15( 金) 22: 34: 47| URL| ルル# -[ 編集 ]
 
>見る前からお楽しみだった、緒形さんと木村さんの師弟シーン。
>(この二人、ドラマ「ギフト」でも共演しています)
そうでしたねぇ。
あの時は、親子でしたっけ??
今回は、迫力あるシーンになってましたね。
そうか、カットされたんだ。
残念(;_;)

>笹野さんの思わぬ好演ぶりには、驚かされましたねー。
>この方が一番の功労者では?
私もそう思いました。
なんだか目が行ってしまって、徳平が動くたびに笑顔になってしまいました。

とにかく、木村さんがカッコ良かったです(*^_^*)
という感想のマトメは、マズイでしょうか(苦笑)
2006/ 12/ 19( 火) 12: 30: 15| URL| にな# -[ 編集 ]
 
こんにちはv-290

になさんは「ギフト」を
見たのですね~♪
そうそう、あの時は親子でしたー。
あのドラマは結構気に入ってましたよ~。
笹野さん、大活躍でしたよねv-291

>とにかく、木村さんがカッコ良かったです(*^_^*)
という感想のマトメは、マズイでしょうか(苦笑)

いいと思いますよ~~e-319木村君は頑張っていましたよねー。
2006/ 12/ 21( 木) 20: 59: 03| URL| ルル# -[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://atom1204.blog53.fc2.com/tb.php/1429-3530dcb5
武士には守るべき一分がある―――。
2006/ 12/ 03( 日) 21: 13: 48| 渡る世間は愚痴ばかり
毒見をして失明した後の木村拓哉が素晴らしかった。もう木村拓哉ではなく「三村新之丞」だった。派手さはないけれど、後からじわじわとくる心に染みる作品です(ネタバレあり)
2006/ 12/ 04( 月) 20: 50: 21| アンナdiary
はじめまして、突然のトラックバック申し訳ありません。毎日を常にエンジョイ!を心がけているtenpersonと申します。記事に武士の一分に関する事が書かれていたのでトラックバックさせて頂きました。ご迷惑な場合は、お手数をおかけ致しますが、削除してもらってかまいませ
2006/ 12/ 06( 水) 03: 24: 57| 檀れいについて知ろう!
映画から生きざまを学びましょう!
ワーナー・マイカル・シネマズで行われた「武士の一分」の試写会に参加してきました日本映画界を代表する山田洋次監督と、木村拓哉が始めて組んだ話題作。藤沢周平の原作である短編を基に描く時代劇3部作、「たそがれ清兵衛」「隠し剣鬼の爪」に続く最終章。ストーリーは..
2006/ 12/ 07( 木) 04: 40: 12| 日々“是”精進!
譲らない心。譲れない愛。人には命をかけても守らねばならない一分がある。&nbsp;&nbsp;&nbsp;評価:★9点(満点10点) 2006年 121min監督:山田洋次主演:木村拓哉 壇れい 笹野高史 公式サイトはこちら。【あらすじ】下級武....
『武士の一分』公開:2006/12/01(12/03鑑賞)監督:山田洋次原作:藤沢周平    『盲目剣谺返し』(文春文庫刊『隠し剣秋風抄』所収)出演:木村拓哉、檀れい、笹野高史、小林稔侍
2006/ 12/ 07( 木) 21: 21: 11| 映画鑑賞★日記・・・
山田洋次監督は、今もなお進化し続ける巨匠。僕が武士の一分を語れるには、あと何年かかるだろう。
2002年、山田洋次監督が時代劇に挑んだ『たそがれ清兵衛』は、父と娘の絆を描き、日本アカデミー賞15部門を総なめにし、米国アカデミー賞外国語映画部門にもノミネートされ、語り継がれる傑作となった。2004年、『隠し剣 鬼の爪』は身分違いの若い男女の純愛をテーマに据..
オーソドックスな物語に新鮮味は無くとも,見終わった後に残る感情は優しく心地良い。でがんす。
2006/ 12/ 08( 金) 10: 51: 17| Akira's VOICE
貧しくても愛する人が側にいて、季節を感じながらただなんでもない日々を過ごす・・
2006/ 12/ 08( 金) 15: 37: 25| C note
「労災は適用されないのか!」 まずそう叫びたかった。『・・大儀』。。。。「え?・・それだけかよっ」って”ミムラ”なツッコミをしたのは私だけ??でもー、労災は適用された!?ヨカッタヨカッタ(笑)(以下、若干のネタバレあり。。。あ、以上で既に
2006/ 12/ 08( 金) 19: 52: 12| たいむのひとりごと
東北の小藩、海坂藩の下級武士、三村新之丞(木村拓哉)は藩主の毒見役を務めている。新之丞にとって不本意な仕事ではあるものの、美しい妻、加世(壇れい)とつましいながらも幸せな日々を送っていた。そんな幸せな日々を突然に揺るがすような出来事が起こる。毒見を努めて
2006/ 12/ 08( 金) 22: 22: 23| ビター☆チョコ
共感もなく、ベネフィットも何一つ望めない状況で、目的なく近づく…なんてことはあ
2006/ 12/ 09( 土) 02: 21: 35| cococo
武士の一分(いちぶん)製作年度 2006年 製作国 日本 上映時間 121分 監督 山田洋次 製作総指揮 迫本淳一 原作 藤沢周平 脚本 山田洋次 、平松恵美子 、山本一郎 音楽 冨田勲 出演 木村拓哉 、檀れい 、笹野高史 、小林
2006/ 12/ 09( 土) 08: 41: 29| とりあえず生態学+
「譲らない心。譲れない愛。人には、命をかけても守らねばならない一分がある。」思い描いた人生が崩れ、信じていたものにも裏切られる。そんなとき、人は何を思い、どう動くのか。海坂藩主の毒見役により失明した三村新之丞(木村拓哉)を、見えないことへの苛立ち、人
2006/ 12/ 10( 日) 22: 47: 32| no movie no life
この時代には毒見役、または鬼役と呼ばれた毒見係りがいたのですねぇ。賞味期限のちょい過ぎた食品・・・我が家では、夫がお毒見役でがんす!しかも、本人には内緒で。。。幸いにも本作の主人公・三村新之丞のようなことは、まだ、一度も起きておりませんが。「毒見かよっ!
2006/ 12/ 11( 月) 08: 52: 25| UkiUkiれいんぼーデイ
山田洋次監督+藤沢周平原作コンビもこれで3本目だそうです。「たそがれ清兵衛」は残念ながら未見なんですが「隠し剣、鬼の爪」を観た時に感じたのとほぼ近い印象の、下級武士を描いた後味のいい人情時代劇。木村拓哉主演という事で何かと話題の作品、もち...
2006/ 12/ 11( 月) 13: 05: 23| It's a Wonderful Life
命をかけて、守りたい愛がある。&nbsp;&nbsp;■監督・脚本 山田洋次■原作 藤沢周平(「盲目剣谺(こだま)返し」文藝春秋刊【隠し剣秋風抄】所収) ■脚本 山本一郎・平松恵美子■キャスト 木村拓哉、檀れい、坂東三津五郎、笹野高史、小林稔侍、緒形拳、桃井かおり、大
2006/ 12/ 11( 月) 22: 02: 26| 京の昼寝~♪
満 足 度:★★★★★★★★★       (★×10=満点) 監  督:山田洋次 キャスト:木村拓哉       檀れい       桃井かおり       坂東三津五郎(10代目)       笹野高史       小林稔侍 、他■ス
2006/ 12/ 12( 火) 09: 10: 54| ★試写会中毒★
武士の一分(いちぶん) @丸の内ピカデリー「必死即ち生くる也」仕事は物足りないけれど家禄は保証されて美人の奥さんとの幸せな毎日と将来。が毒見により倒れ失明してから一変。一家の主人として家族を支えていた側から支えがないと生きていけないと絶望、追いうちをか
2006/ 12/ 12( 火) 16: 39: 08| 駒吉の日記
SMAPのキムタク主演の時代劇。彼のファンの人は、「キムタク」とは呼ばないそうですが、良い意味のあだ名なので、敢えて。結構スマップ好きなひらりんなんですっ。
2006/ 12/ 13( 水) 00: 19: 05| ひらりん的映画ブログ
「武士の一分」公式ページは・・こちら 先日、何気なく自分のブログ内“検索”で、「檀れい」って入力してみたら、ビックリするほど関連したエントリーが出てきて、 『自分で思っているより 檀ちゃんファンだったらしい?』その檀ちゃんが、映画初出演!それも、あの“キム
2006/ 12/ 13( 水) 11: 05: 47| スナフキン・レポート♪
【制作年】2006年 【監督・脚本】山田 洋次 【原作】藤沢 周平  【出演】
2006/ 12/ 13( 水) 20: 42: 51| お気に召すまま
「武士の一分」を観てきました~♪30石取りのお毒見役の三村新之丞(木村拓哉)は、美しい妻・加世(壇れい)と忠義者の中間の徳平(笹野高史)と貧しいが平穏な日々を過ごしていた・・・ある日、新之丞は貝の毒に当たってしまい、視力を失ってしまう・・・人気Blogラ
2006/ 12/ 16( 土) 07: 39: 16| 観たよ~ん~
監督・脚本 : 山田洋次 出演 : 木村拓哉  / 檀れい  / 笹野高史 他   公式HP : http://www.ichibun.jp/ 「 武士の一分 (2006) 」 原作は、藤沢周平箸 『盲目剣谺返し』(
2006/ 12/ 16( 土) 16: 59: 32| MoonDreamWorks★Fc2
「武士の一分」★★★☆木村拓哉、檀れい主演世は平安の時代、主人公は武芸を磨いても、お役目は「お毒見」現在の状況と自分の目指したもののギャップにキムタクが違和感を覚えるのは、そのまんま現代に通じている。しかし違うところは「武士の一分...
2006/ 12/ 16( 土) 20: 36: 31| soramove
鮮やかな色がとってもかわいいです★☆ディズニー リロ スティッチ、カワイイ画像を携帯に保存にしよう~...【今日のオススメ 武士の一分(キムタク主演)】サムライのキムタク
2006/ 12/ 17( 日) 21: 28: 07| ★スティッチ ラブ ブログ★
やっと見てきたよぉ~~~。
2006/ 12/ 19( 火) 12: 30: 59| ド素人日記
 強烈なアッパーカットを食らったような気分になった。久しぶりの心底からの感動。絶対見逃すまいと思っていた山田洋次監督の「武士の一分(いちぶん)」のラストシーン。どうやってハッピーエンドにするのかと思っていたら、そう「飯たき女」なんですな。実にうまい。いろ
●武士の一分(ぶしのいちぶん)●●監督;山田洋次●脚本;山田洋次/平松恵美子/山本一郎●原作;藤沢周平/盲目剣谺返し」(『隠し剣秋風抄』より●出演;木村拓哉/檀れい/桃井かおり/坂東三津五郎/    笹野高史/緒形拳/小林稔侍●松竹映画/2006 12/1公...
「たそがれ清兵衛」「隠し剣鬼の爪」に続く山田洋次監督の時代劇三作目です。 前二作
2006/ 12/ 29( 金) 06: 51: 29| はらやんの映画徒然草
監督:山田洋次出演:木村拓哉、檀れい、笹野高史、小林稔侍、緒形拳、桃井かおり、坂東三津五郎評価:77点公式サイト(ネタバレあります)「木村拓哉」はいつまでたっても「木村拓哉」であって、どこで何をしていても「木村拓哉」なんだよ....
2007/ 01/ 06( 土) 22: 36: 46| デコ親父はいつも減量中
武士の一分2006年   山田洋次 監督   藤沢周平 原作木村拓哉 檀れい 笹野高史 小林稔侍 緒方拳 桃井かおり 板東三津五郎キムタクって、童顔すぎるよねぇ、、、山田監督の、時代劇三部作最終章。 なんだケド、微妙だなぁ、、、ま、勝手に、もっと....
2007/ 01/ 25( 木) 14: 26: 41| 猫姫じゃ