FC2ブログ

映画「タイヨウのうた」を観ました

「タイヨウのうた」オリジナル・サウンドトラック



やっと観て来ましたー

放映開始から時間が経っているせいか
土曜日のレイトショーと言っても、観客はまばらでしたが(苦笑)

その分、落ち着いて見る事が出来たかな。
問題と言えば、クーラーが利き過ぎで、震えた事ですねぇ(笑)


ドラマの方もスタートして
そちらも見ましたが、そんなに悪くないと思います。
映画と違ったエピや、時間がある分だけ

じっくり丁寧に描けるのでは?


ここから、ネタバレですので
知りたくない方は、開けないでくださいね~。

 

ただ、映画に関しては
YUIの歌声と、塚本君のまっすぐな優しい眼差しが
見終わった後も、余韻として残りました。


主役二人は、バッチリのキャストだったと思います!


YUIちゃんが子犬のように可愛らしく、純粋だけど強い女の子を自然に演じてます。
体はちっちゃいのに、歌い出すと底力のあるパワーを感じます。

また、塚本君は、屈折してないまっすぐな少年でとてもいい表情でしたね。


横浜のライブシーンでの薫の歌の良さ♪
個人的にここでの歌が、胸に響きました。

孝治が惚れるのも無理ないっす(笑)



彼女はタイヨウに帰っていった。

僕の心に歌を残して・・・・・




16歳の少女、薫(YUI)は海辺の近くで両親と三人暮らし。
薫は、XP(色素性乾皮症)という太陽の光を浴びれない病気の為
昼、夜の逆転生活を送っていて、学校にも行ってない。

そんな彼女の楽しみは
夜の駅前で歌う事と、明け方にサーフィンに向かう高校生、孝治(塚本高史)を見ている事。


日が昇る前、薫は部屋の窓から
バス停にやって来る孝治を、じっと見つめてる姿が何ともいじらしくて
彼と太陽に憧れる気持ちが、よくわかりますねぇ。


夜の街で、偶然にも孝治を見かけ
全速力で彼を追いかけて、自分のプロフィールを紹介する薫は、可愛いのですが

バスの停留所の看板のせいで、孝治の姿が見えにくいからと
勝手に動かしたり、孝治の座るベンチに座り同じポカリを飲むシーンは
純粋な恋する薫がいます。


そこに、本人の孝治がやって来た事から
二人は知り合い程度だったのが

孝治が薫をバイクに乗せて、夜の横浜に行き
ひまわりの写真の前でストリートライブをした事から
孝治は薫に、惚れるのですよぉ(笑)

ええ、私でも惹かれますよ(苦笑)



七里ヶ浜からみなとみらいに行った事で
日の出の時間が来てしまい
焦った薫が走るさまは、かなりのハラハラものです!

ここは、無理がありますねぇ(苦笑)
この距離をスクーターで行く人は、、、いないかなぁ(汗)
えっ?そんな事ないっすか?(^^ゞ


この件がキッカケで、孝治は薫の病気を知るわけですが
自分に何が出来るか?

幸治は、CD製作の為に必死にバイトをします。
そんな孝治の為にも、精一杯歌いながら生きていこう、と薫は心に決めます。


ところで、父親、謙(岸谷一朗)のキャラも大事ですね。
彼だったから、薫が素直だったのかもしれません。
そして、友人、美咲(通山愛里)の支えもあってこそです。



最後に防護服も着て、浜辺に行くのですよ。
孝治のサーフィンを見る為だけど、父親のとんでもない発言に
しっかり言い返す、薫がいましたね。


絶命の時は、壮絶には描いていません。
ひまわりに囲まれて終わっています。


絶望的な病なのに、悲壮感がないせいか
涙も、ジワジワぐらいかな(苦笑)


ギターが弾けなくなっても、希望を持って歌った薫。
その彼女を見守った孝治。


YUIの歌声と、塚本君の優しい顔が印象的な映画でした。


追加

ここまでが、このXPという病気を、全く知らずに観た映画の感想ですが
その後、ドラマで2、3話を見た後に
このXP(色素性乾皮症)について調べてみると
映画やドラマでは、正しい知識が伝えられていない事が、わかりました。


どちらの公式サイトでも
実際の症状とは異なりますと、注意書きがされていますが
映画、ドラマを観た私は
映像で観た方の印象が大きいせいか
この注釈を読んでも、ピ~ンと来なかったのですよねー。

映像の力って、ある意味凄いです。

例えば、映画の中で
薫の母親が「日光に当たれない以外、普通の子と変わりません」
というセリフがあるのですが
確かに、薫の不便さは昼と夜の逆転生活で、学校に行けない。
でも、それ以外の不自由さ、大変さが感じられないので
XPというのは、他の症状の苦痛さは何も無い、と思ってました。


薫の最期についても、かなり美化されてます。
これでは、この病気については、この解釈で終わってしまうでしょうね。
実際には、かなり深刻な状態のようです。

フィクションといっても
病気については、正確に伝えて欲しいものです。



という事で、主役二人と歌は良かったのですが
病気の部分については、製作者の配慮に欠けてるように思いました。


この病気について、詳しく知りたい方は こちらにどうぞ 


 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんにちわ♪
映画観に行かれたんですね~。いいな~。
私も観たいので、ネタバレみないように・・・
隠していただいて感謝です(笑)。

ドラマの方は私もみましたが、
初回なのでまだまだ期待の方が大きいです。。。

ところで、今さらですがルルさんとこのリンクいただいていってもいいですか~?
2006/ 07/ 17( 月) 14: 12: 17| URL| yoo-chan# -[ 編集 ]
 
こんにちは!

コメント、ありがとうですv-290
映画は中々良かったですが
ドラマは始まったばかりなので、これからですよねー♪

>ところで、今さらですがルルさんとこのリンク

もちろん、どうぞ、どうぞーv-426
夏場は更新も遅れますが(苦笑)
これからもよろしくです~。
2006/ 07/ 18( 火) 21: 38: 06| URL| ルル# -[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する